ブログアフィリエイトで日給8万円
ラクラクゴロ合わせ・最強のマインドセットコース

リーマンショック再来

経済専門家が次々警告 「3.9リーマンショック再来」の衝撃

3月8〜10日に世界経済は大パニックに陥る――。そんな大胆予測が株式市場に流れている。

「米著名投資家のジム・ロジャース氏や、経済予測で知られるハリー・デント氏などが、次々と警告を発しています。リーマンショックを超える金融危機が起きる危険性があるというのです」(株式アナリストの櫻井英明氏)

 ハリー・デント氏は「バブル再来」(ダイヤモンド社)といった著作もあり、市場関係者の注目度は高い。その彼が、1月下旬に発した警告には度肝を抜かれる。「08年のリーマンショックをはるかに上回る金融危機が起きる」というのだ。NYダウは今後1年〜1年半で5500ドル近辺まで暴落する恐れがあるとした。近ごろのNYダウは1万6500ドル前後だから、下落率は65%以上になる。日経平均にあてはめると5600円あたりだ。

「予測とはいえ、3月上旬は世界経済へのインパクトが大きいイベントが続くだけに気が抜けません。1日は米大統領選の予備選挙が集中するスーパーチューズデーで、4日は米雇用統計の発表がある。5日は中国で全人代が開幕します。その後もECB理事会、日銀の政策決定会合、米FOMCと続きます。さらに東日本大震災が起きた3月11日は発生年と同じ金曜日。当時の暴落がよみがえります。3月は要注意です」(証券アナリスト)

 相場ジンクスにも、3月上旬に警戒すべきポイントがある。兜町で凶兆とされる皆既日食(インドネシアなどで観測可能)が9日に起きるのだ。ブラックマンデーが起きた87年も、日本で皆既日食が観測された。

「しかも、9日は株価が下落に向かうジンクスとして知られる新月です。嫌な予感がします」(櫻井英明氏)

 3月9日は“リーマンショックの再来”に備えたほうがよさそうだ。

記事URL
http://news.livedoor.com/article/detail/11233483/


何を、どう、備えるの?

教えて???



サブプライム問題 影響

リーマン・ショックとはいかなるものだったか 

 2008年9月の金融パニック(リーマン・ショック)の引き金となったサブプライムローン問題を背景としたサスペンスドラマが、30日公開の「ドリームホーム 99%を操る男たち」(ラミン・バーラニ監督)だ。本年度アカデミー賞にノミネートされている大作「マネー・ショート」も同じくリーマン・ショックを題材としている。今、金融界の内幕を描いた映画が熱い。

 シングル・ファーザーのデニス(アンドリュー・ガーフィールド)は、大不況のあおりをうけて住宅ローンを滞納し、裁判所から自宅の明け渡しを命じられる。

 デニスが家族(母親と小学生の息子)とともにマイホームから追い出される冒頭シーンの緊迫感がすさまじい。観客はあっという間にドラマの中へ引き込まれてしまう。

 裁判所の命令文書を携えてデニス宅を訪れる不動産業者は、郡の保安官を伴ってくるのだが、この時の保安官役は実際に現場を経験した人物で俳優ではない。

 バーラニ監督はリアルな映像をつくるため、家具を外に運び出すスタッフや立ち退きを命ぜられる住民たちを含め、実体験した人々を数多く画面に登場させている。あたかもドキュメンタリー映画を観ているような感覚にとらわれるのはそれらの演出方法が功を奏したおかげといえよう。

 低所得者向けローン(サブプライムローン)の破綻とは、いかなるものであったのか、われわれはリアルな状況を知ることができる。


記事URL
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160128/enn1601280830007-n1.htm

コラム

ムーディーズ、日本国債を「Aa3」に格下げ

米格付け会社のムーディーズ・インベスターズ・サービスは24日、日本国債の格付けを従来の「Aa2」から「Aa3」に1段階引き下げたと発表した。

政局の不安定化で財政赤字の削減が困難と判断したためで、同社による日本国債の格下げは約9年3カ月ぶり。今回の格下げは同社以外の大手格付け会社による格下げを誘発する懸念が強く、欧米に加え日本の財政不安が世界の金融市場の混乱に拍車をかけるリスクもある。


Aa3は21段階の格付けのうち上から4番目で、中国などと同じ。欧米の大手格付け会社が東日本大震災後に日本国債を格下げするのは初めてとなる。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/524502/


景気回復へ

東京株、大幅続落で半年ぶり安値

21日午前の東京株式市場は、欧州経済への不安感や急速に進んだ円高を嫌気して全面安の展開となり、日経平均株価は年初来安値を更新する大幅続落となった。一時9696円63銭と9700円を割り込み、昨年12月2日以来、約半年ぶりとなる安値を付けた。

 午前の終値は前日比251円66銭安の9778円65銭。東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は20・76ポイント安の877・39。

 独の空売り規制方針などで、欧州の金融規制強化への警戒感が再燃し、20日の欧米株式市場ではリスク資産を避ける売りが強まった。独、仏が大幅に下落、米国もダウ工業株30種平均が376ドル安の1万0068ドルと、2月以来3カ月ぶりの安値水準となった。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/393739/

何が原因なのでしょう?

景気回復へ

連日の株高、1万2千円予想広がる

 東京株式市場で、「月内にも1万2000円台を回復する」との強気予想が広がっている。1万2000円は2008年9月のリーマン・ショック前の水準。新興国や欧米市場に比べ回復が遅れていた日本株もようやく本格的な上昇局面に入るのか。

週明け5日の東京株式市場は、大幅続伸で取引が始まり、一時1万1400円台を回復。前週まら3営業日連続で年初来高値を更新する水準で取引された。

 連日の株高は、米国景気の回復が主因。各種の米経済指標から着実な回復が裏付けられ、その結果、株高とドル高が同時進行。円相場は1ドル=94円台まで円安が進み、「主力の輸出関連株の業績を押し上げる」(アナリスト)との期待から、日本の株価も上昇する構図になっている。

 日本株はリーマン・ショックの08年9月に1万2000円台を割り込み、坂道を転がるように急落。09年3月にはバブル崩壊後の最安値である7054円98銭を記録した。その後、緩やかな回復を続け、10年3月末に前年度より約3000円上昇し1万1000円台に乗せた。

 新年度入り後も順調に上昇を続けており、新興国や欧米市場が早々にリーマンショック前を回復する中、出遅れたいた日本株にも「春が来た」(市場関係者)格好だ。

 市場では「当面はドル買いの動きが続き、日本株を押し上げる」(大手証券)と強気の声が多い。

 また、「リーマン・ショックであっという間に下げた1万1000〜1万2000円の間は、大きなしこりもなく、上がるときも速い」(市場関係者)との楽観的な声も聞こえる。

 ただ、「日本株への本格的な買いには慎重にならざるを得ない」(外資系アナリスト)との慎重な声も。デフレの深刻化や内需の不振で、“景気の踊り場(足踏み)”の懸念が指摘されているうえ、「足元の株高で安心した政府・日銀がまた手を抜く」(同)可能性があるためだ。

 日銀が7日から始まる金融政策決定会合で追加金融緩和に踏み切り、政府が追加経済対策の検討を本格化させるなど、矢継ぎ早に対策を打ち出せるかが、1万2000円台回復のカギとなりそうだ。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/376661/

早く景気が回復して、我々庶民の生活も回復してほしい。

景気回復へ

第一生命上昇 午前は一時、8800円高 「配当20〜30%」を好感

 2日午前の東京株式市場で1日に上場した第一生命保険が一時、前日比8800円高の16万8800万円まで値を上げた。上場初日の1日は大量の売買注文による混乱を警戒し、注文を一度だけ付き合わせて、初値を付ける異例の対応をとったが、2日は通常の取引を実施した。午前の売買代金は1000億円にのぼり、前日比7700円高の16万7700円で終えた。

売り出し価格より2万円高い16万円の初値を付けた第一生命。市場では、本格的な取引がスタートする2日の値動きに注目が集まった。

 取引開始から上値を狙ったとみられる投資家からの活発な買いが入り株価は上昇した。1日に第一生命が会見で、配当性向を20〜30%を目標とすることを明らかにするなどの「好材料」(大手証券)も後押ししたようだ。

 5月末には、第一生命が東証1部上場銘柄の値動き全体を示すTOPIXに参入されるため、「機関投資家の買いが予想されるのでは」(同)との声もあがっている。

 一方、午前の日経平均株価は米株式市場の高値を受けて続伸し、前日比50円04銭の1万1294円まで上昇した。為替市場は円が1ドル=93円後半で推移し円安傾向。トヨタやホンダなど主力の輸出産業銘柄が買われた。

 1日の米株式市場は反発。ダウ工業株平均が約1年半ぶりの高値で終え、米国経済の景気回復期待がいっそう高まっている。ハイテク株中心のナスダック総合株価も上昇した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/375849/

サブプライム問題 影響

年度末株価、上昇幅3千円超える

年度末となる31日の東京株式は、米国株高や円安を好感して、日経平均株価は1万1100円台を回復。米国発の金融危機とその後の世界同時不況の直撃を受けた昨年度末の終値(8109円53銭)からの値上がり幅は、3000円を超えた。ただ、先行き不透明感も強く本格的な上昇には懐疑的な見方が多い。

31日の日経平均株価の午前の終値は前日比33円高の1万1130円98銭。昨年度末からの上昇率は37・3%に達している。

 昨年度末の株式市場は、散々だった。平均株価は、3月10日にバブル崩壊後の最安値となる7054円98銭まで下落。政府の株価対策で、年度末には1000円以上回復したが、02年度末以来6年ぶりの安値を記録し、08年度1年間の値下がり率は35%に達した。

 08年9月のリーマン・ショックを境に、世界経済は「需要が蒸発した」といわれる急降下に見舞われ、輸出依存の日本を直撃。トヨタ自動車やソニーなど日本を代表する企業が3月期決算で軒並み巨額の赤字に転落した。

 09年度に入ると、中国などの新興国経済の急回復を牽引役に輸出主導で国内の生産も持ち直し日本経済も08年1〜3月期を底に最悪期を何とか脱出。平均株価も6月に1万円の大台を回復した。

 夏場には、総選挙で民主党を中心とした政権に交代。経済財政政策への不透明感から株価の回復はもたつき、デフレの深刻化で11月には再び1万円を割り込んだ。

 年明け以降は、一時懸念された景気の二番底懸念も後退。株価も一進一退ながらジリジリと上昇した。

 株価の大幅な回復は、消費や企業マインドへの好影響が期待される。ただ、市場では「市場環境は1年前から大きく改善したが、デフレ不況に加え、鳩山政権への不信も高まっており、一段の上値は狙いづらい」(アナリスト)との声が聞かれた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/374976/

このまま、回復してほしいが・・・
今の政治では?


サブプライム問題 影響

リーマン破綻1年 賛否めぐる論争尽きず

【ワシントン=渡辺浩生】世界的な金融危機の引き金となった米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻(はたん)から15日で1年が経過したが、リーマンを救済すべきだったか否かをめぐる論争は米国内で今でも続いている。

リーマンを破綻させたのは「政策ミス」という批判から救済していたら「かえって事態は悪化していた」と肯定する意見まで、結論の出ない論争は、大規模破綻に対する金融システムの弱さを改めて浮き彫りにしている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/302247/

早く、回復させる政策が必要では・・・



サブプライム問題 影響

野村大幅赤字

 野村ホールディングスの英現地法人、野村インターナショナルが今年3月期決算で前年度の3倍を超す13億4800万ポンド(約2085億円)の損失を計上したことが21日までに分かった。昨年9月に破(は)綻(たん)した米金融大手リーマン・ブラザーズの買収で、ロンドン証券取引所での現物株取引シェアが月間首位になるなど“リーマン効果”も出てきたが、人件費などのコスト増や金融危機による損失はまだ埋めきれておらず、野村とリーマンの“融合”の行方が注目されている。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/292549/

サブプライム問題 影響

リーマン買収、融合の行方は

 野村ホールディングス(HD)の英現地法人、野村インターナショナルが今年3月期決算で前年度の3倍を超す13億4800万ポンド(約2085億円)の損失を計上したことが21日までにわかった。昨年9月に破綻した米金融大手リーマン・ブラザーズの部門買収で、ロンドン証券取引所での現物株取引シェアが月間首位になるなど“リーマン効果”も出てきたが、人件費などのコスト増や金融危機による損失はまだ埋めきれておらず、野村とリーマンの“融合”の行方が注目されている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/292510/

いろんなところで、影響がでています。

いつまで続くのでしょうか。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。