ブログアフィリエイトで日給8万円
ラクラクゴロ合わせ・最強のマインドセットコース

サブプライム問題 影響

GM、破産法申請が濃厚に

債務削減、期限内合意できず=GM、破産法申請が濃厚に
5月27日13時15分配信 時事通信

 【ワシントン、ニューヨーク27日時事】経営危機に陥っている米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)の債務削減交渉で、債権者の9割(債権額ベース)から同意を得る同社の目標達成が27日、困難な情勢になった。再建策の要である過剰債務の大幅圧縮が難しくなったことで、GMは連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請に踏み切る可能性が極めて濃厚になった。
 GMは、社債などを保有する一般債権者に対し、270億ドル(約2兆6000億円)の債務を、再建後の新生GMが発行する株式10%と交換することを提案。しかし、26日午後11時59分(日本時間27日午後0時59分)の回答期限を過ぎても、要請に応じた債権者は極めて少数にとどまったもようだ。
 米メディアによると、GMは債務削減協議について、交渉の期限を延長するか、これ以上の交渉を中止するか、などの対応を27日朝(同27日夜)までに発表する方針だ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000090-jij-int

日本への影響が・・・

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。