ブログアフィリエイトで日給8万円
ラクラクゴロ合わせ・最強のマインドセットコース

サブプライム問題 影響

リーマン・ショックとはいかなるものだったか 

 2008年9月の金融パニック(リーマン・ショック)の引き金となったサブプライムローン問題を背景としたサスペンスドラマが、30日公開の「ドリームホーム 99%を操る男たち」(ラミン・バーラニ監督)だ。本年度アカデミー賞にノミネートされている大作「マネー・ショート」も同じくリーマン・ショックを題材としている。今、金融界の内幕を描いた映画が熱い。

 シングル・ファーザーのデニス(アンドリュー・ガーフィールド)は、大不況のあおりをうけて住宅ローンを滞納し、裁判所から自宅の明け渡しを命じられる。

 デニスが家族(母親と小学生の息子)とともにマイホームから追い出される冒頭シーンの緊迫感がすさまじい。観客はあっという間にドラマの中へ引き込まれてしまう。

 裁判所の命令文書を携えてデニス宅を訪れる不動産業者は、郡の保安官を伴ってくるのだが、この時の保安官役は実際に現場を経験した人物で俳優ではない。

 バーラニ監督はリアルな映像をつくるため、家具を外に運び出すスタッフや立ち退きを命ぜられる住民たちを含め、実体験した人々を数多く画面に登場させている。あたかもドキュメンタリー映画を観ているような感覚にとらわれるのはそれらの演出方法が功を奏したおかげといえよう。

 低所得者向けローン(サブプライムローン)の破綻とは、いかなるものであったのか、われわれはリアルな状況を知ることができる。


記事URL
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20160128/enn1601280830007-n1.htm

サブプライム問題 影響

年度末株価、上昇幅3千円超える

年度末となる31日の東京株式は、米国株高や円安を好感して、日経平均株価は1万1100円台を回復。米国発の金融危機とその後の世界同時不況の直撃を受けた昨年度末の終値(8109円53銭)からの値上がり幅は、3000円を超えた。ただ、先行き不透明感も強く本格的な上昇には懐疑的な見方が多い。

31日の日経平均株価の午前の終値は前日比33円高の1万1130円98銭。昨年度末からの上昇率は37・3%に達している。

 昨年度末の株式市場は、散々だった。平均株価は、3月10日にバブル崩壊後の最安値となる7054円98銭まで下落。政府の株価対策で、年度末には1000円以上回復したが、02年度末以来6年ぶりの安値を記録し、08年度1年間の値下がり率は35%に達した。

 08年9月のリーマン・ショックを境に、世界経済は「需要が蒸発した」といわれる急降下に見舞われ、輸出依存の日本を直撃。トヨタ自動車やソニーなど日本を代表する企業が3月期決算で軒並み巨額の赤字に転落した。

 09年度に入ると、中国などの新興国経済の急回復を牽引役に輸出主導で国内の生産も持ち直し日本経済も08年1〜3月期を底に最悪期を何とか脱出。平均株価も6月に1万円の大台を回復した。

 夏場には、総選挙で民主党を中心とした政権に交代。経済財政政策への不透明感から株価の回復はもたつき、デフレの深刻化で11月には再び1万円を割り込んだ。

 年明け以降は、一時懸念された景気の二番底懸念も後退。株価も一進一退ながらジリジリと上昇した。

 株価の大幅な回復は、消費や企業マインドへの好影響が期待される。ただ、市場では「市場環境は1年前から大きく改善したが、デフレ不況に加え、鳩山政権への不信も高まっており、一段の上値は狙いづらい」(アナリスト)との声が聞かれた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/374976/

このまま、回復してほしいが・・・
今の政治では?


サブプライム問題 影響

リーマン破綻1年 賛否めぐる論争尽きず

【ワシントン=渡辺浩生】世界的な金融危機の引き金となった米証券大手リーマン・ブラザーズの破綻(はたん)から15日で1年が経過したが、リーマンを救済すべきだったか否かをめぐる論争は米国内で今でも続いている。

リーマンを破綻させたのは「政策ミス」という批判から救済していたら「かえって事態は悪化していた」と肯定する意見まで、結論の出ない論争は、大規模破綻に対する金融システムの弱さを改めて浮き彫りにしている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/america/302247/

早く、回復させる政策が必要では・・・



サブプライム問題 影響

野村大幅赤字

 野村ホールディングスの英現地法人、野村インターナショナルが今年3月期決算で前年度の3倍を超す13億4800万ポンド(約2085億円)の損失を計上したことが21日までに分かった。昨年9月に破(は)綻(たん)した米金融大手リーマン・ブラザーズの買収で、ロンドン証券取引所での現物株取引シェアが月間首位になるなど“リーマン効果”も出てきたが、人件費などのコスト増や金融危機による損失はまだ埋めきれておらず、野村とリーマンの“融合”の行方が注目されている。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/292549/

サブプライム問題 影響

リーマン買収、融合の行方は

 野村ホールディングス(HD)の英現地法人、野村インターナショナルが今年3月期決算で前年度の3倍を超す13億4800万ポンド(約2085億円)の損失を計上したことが21日までにわかった。昨年9月に破綻した米金融大手リーマン・ブラザーズの部門買収で、ロンドン証券取引所での現物株取引シェアが月間首位になるなど“リーマン効果”も出てきたが、人件費などのコスト増や金融危機による損失はまだ埋めきれておらず、野村とリーマンの“融合”の行方が注目されている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/292510/

いろんなところで、影響がでています。

いつまで続くのでしょうか。

サブプライム問題 影響

日本経済 復調の兆し?

国内製造業に復調の兆し 自動車、化学も生産回復へ

配信元:産経新聞
2009/06/05 23:12更新

世界的な景気低迷で落ち込んでいた国内製造業に復調の兆しが見え始めた。キヤノンは5日、建設計画を無期延期していたデジタルカメラの新工場(長崎県波佐見町)を7月に着工すると発表。富士フイルムも稼働を見送っていた液晶部材の新工場で、7月から量産を開始する検討に入った。自動車や化学メーカーも生産調整を見直しており、日本経済を支える「ものづくり」に、徐々に活況が戻りつつある。

キヤノンは昨年7月にデジカメの新工場建設計画を発表し、当初は今年1月に着工する予定だった。だが、その後の世界同時不況による需要急減で、着工を無期延期していた。

 長崎キヤノンの若狭央幸(ひろゆき)社長は同日、長崎市内で会見し、「デジタル一眼レフカメラの堅調な需要を受け、景気回復時の販売を視野に着工を決めた」と建設再開の理由を説明。来年4月からコンパクトカメラとデジタル一眼で年間400万台を生産する。

 富士フイルムも液晶パネルメーカーの生産調整のあおりで、今年4月の操業開始を見送っていた液晶用フィルムの新工場(静岡県吉田町)で、7月にも量産を開始する検討を始めた。シャープなど液晶メーカーが在庫調整を終え、中国の需要増を背景に生産拡大に乗り出したためだ。

 このほか、東芝は回路線幅32ナノ(10億分の1)メートルのフラッシュメモリーを、当初計画から2カ月前倒しして7月に出荷を開始する。他社に先駆けた次世代製品の投入で、価格下落に対抗する考えだ。

 米ゼネラル・モータースの破(は)綻(たん)など、厳しい市場環境にさらされる自動車業界でも、国内大手8社は夏までに在庫調整を終え、生産規模を回復させる方針だ。

 すでに日産自動車が追浜工場(神奈川県横須賀市)で、3月から稼働停止日をゼロにしているほか、トヨタ自動車が5月から、マツダも6月から操業停止日をゼロに戻した。特にトヨタは新型プリウスを生産する堤工場(愛知県豊田市)などで残業を再開。当初、月4万台としていた生産を同6万台に近い水準に引き上げる方針だ。

 このほか、三菱化学、旭化成、三井化学など大手化学メーカーでも、プラスチックなどの石油化学製品の基礎原料となるエチレンの生産プラントで、稼働率を90%近くまで復調させた。一時は7割程度まで稼働率は落ち込んだが、「輸出が回復し、4月以降に稼働率が上昇した」(伊藤一郎・旭化成副社長)という。

 3月からプラスに転じた鉱工業生産指数は、5〜6月もプラス予想となっている。主要製造業の生産持ち直しは関連業界への波及も大きいだけに、景気回復への足掛かりにもなる。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/262736/

祝!DVD1万人突破記念!
9800円相当のFX動画マニュアルプレゼント


サブプライム問題 影響

GM、破産法申請が濃厚に

債務削減、期限内合意できず=GM、破産法申請が濃厚に
5月27日13時15分配信 時事通信

 【ワシントン、ニューヨーク27日時事】経営危機に陥っている米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)の債務削減交渉で、債権者の9割(債権額ベース)から同意を得る同社の目標達成が27日、困難な情勢になった。再建策の要である過剰債務の大幅圧縮が難しくなったことで、GMは連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用申請に踏み切る可能性が極めて濃厚になった。
 GMは、社債などを保有する一般債権者に対し、270億ドル(約2兆6000億円)の債務を、再建後の新生GMが発行する株式10%と交換することを提案。しかし、26日午後11時59分(日本時間27日午後0時59分)の回答期限を過ぎても、要請に応じた債権者は極めて少数にとどまったもようだ。
 米メディアによると、GMは債務削減協議について、交渉の期限を延長するか、これ以上の交渉を中止するか、などの対応を27日朝(同27日夜)までに発表する方針だ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090527-00000090-jij-int

日本への影響が・・・

サブプライム問題 影響

NY株、一時8000ドル割れ

 10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、金融危機を背景にした世界的な景気後退を懸念して急落し、下げ幅は取引開始直後に一時、前日比696ドルまで拡大した。2003年4月以来、約5年半ぶりに8000ドルを割り込み、同年3月以来の安値水準となる7882ドルまで一時、下落した。

 世界の株式市場の急落に歯止めがかかっておらず、パニック的な売りが広がった。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/186031/

世界経済は、いったいどうなってしまうのでしょうか。

サブプライム問題 影響

NY株急落、日本にも深刻な影響


外的ショックに弱い日本の金融市場が、また脆弱(ぜいじやく)な姿をさらした。不透明感を増す米金融危機は、株安・円高を加速し、景気後退局面に入った日本経済にも深刻な影響を与えそうだ。

 金融安定化策をめぐっては今後も米政府と議会の間で再び調整が図られる見通しで、市場の一部には、「再可決されれば、企業や消費者の不安も静まる」との楽観的な見方もある。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/182861/

毎日、深刻なニュースばかりですね。

我々の生活は・・・

サブプライム問題 影響

金融炎上 欧州でも始まった


米国発の金融危機が欧州に飛び火し、ベルギーと英国、ドイツなどで金融機関を経営破綻(はたん)の瀬戸際に追い込んだ。ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3カ国政府は、ベルギー最大の金融グループ、フォルティスを共同で部分的に国有化すると発表した。また、英国政府も中堅銀行ブラッドフォード・アンド・ビングレー(B&B)の住宅金融部門などを一時国有化すると発表した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/europe/182779/

日本の金融機関は大丈夫なのでしょうか?

サブプライム問題 影響

果たして世界経済は立ち直れるのか?

世界全体の損失、138兆円に=金融危機で−IMF専務理事

 【ワシントン24日時事】国際通貨基金(IMF)のストロスカーン専務理事は24日、当地で開かれた会合で、米国の低所得者向け高金利型(サブプライム)住宅ローンに端を発した金融危機の損失コストが世界全体で1兆3000億ドル(約138兆円)に上るとの見通しを明らかにした。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080925-00000031-jij-int

庶民の生活はいつ、楽になるのでしょうか?

麻生政権は期待できるのでしょうか?

サブプライム問題 影響

米リーマン破綻で世界同時株安

米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)をきっかけに、日米欧や新興市場の株価が急落している。

連休明け16日午前の東京株式市場の日経平均株価終値は、前週末終値比618円67銭安の1万1596円09銭と、取引時間中としては3月17日の年初来安値(1万1691円00銭)を更新した。

週明け15日のニューヨーク市場のダウ工業株30種平均の終値も、前週末終値比504.48ドル安の1万0917.51ドルまで下落し、06年7月以来、約2年2カ月ぶりの安値。下落幅は米同時多発テロ直後の01年9月17日以来の大きさとなった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080916-00000022-mai-bus_all

サブプライムの影響はスゴイですね。

サブプライム問題 影響

長期金利が急上昇 住宅ローン大丈夫?

 債券市場で長期金利が急ピッチで上昇している。インフレ懸念にくわえ、米国の低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題に端を発した信用不安が一服し、投機マネーが株式市場などに回帰しているためだ。

ただ、長期金利の上昇で、住宅ローン金利は昨夏以来の水準にまで上昇。家計や企業の負担が増すことで景気を下押しする懸念も出ている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080603-00000080-san-bus_all

このままでは、生活がますます苦しくなる。

政治はいったい何をしているのか。

サブプライム問題 影響

まだまだ続くサブプライム問題の影響

サブプラ損失国内最大で利益半減 みずほ決算

みずほフィナンシャルグループ(FG)が15日発表した平成20年3月期連結決算は、最終利益が3112億円にとどまり、前期(6209億円)からほぼ半減した。米国の低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)問題に伴う金融市場の混乱が業績を圧迫。グループの関連損失は国内金融機関で最大の6450億円に達し、大幅減益を余儀なくされた。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/145245/

こんなことがいつまで続くのでしょう。





サブプライム問題 影響

<三菱UFJ>含み損3000億円規模に…サブプライム波及


 米低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題をきっかけにした国際金融市場の混乱で、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が保有する証券化商品の含み損が3000億円規模に達したことが13日分かった。20日発表する08年3月期決算で公表する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080514-00000011-mai-bus_all

本当にスゴイ影響ですね。

いつになったら、この混乱は収まるのでしょうか。

サブプライム問題 影響

NY株大幅反落120ドル安 サブプライム問題で懸念


9日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、サブプライム住宅ローン問題の影響拡大への懸念などから大幅反落し、前日比120・90ドル安の1万2745・88ドルで取引を終えた。約半月ぶりの安値水準となり、下げ幅は一時、150ドルに達した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/finance/143850/

このサブプライム問題の影響は、いつまで続くのでしょうか?



サブプライム問題 影響

サブプライム包括法案可決

サブプライム包括法案可決 米下院、大統領は反対

米下院本会議は8日、サブプライム住宅ローン対策の包括法案を賛成多数で可決した。金融機関のローン元本削減を条件に、連邦住宅局(FHA)が総額3000億ドル(約31兆1200億円)の債務保証を提供し、借り換えを支援するのが柱。住宅差し押さえを防止し、低迷する住宅市場を下支えする狙いだ。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/economy/worldecon/143633/


この問題の影響は、いつまで続くのでしょうか。

サブプライム問題 影響

サブプライム 不安解消道遠く 米大手金融機関決算

米大手金融機関の08年1〜3月期(一部は07年12月〜08年2月期)決算が21日、ほぼ出そろった。

低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題の影響で、シティグループ、メリルリンチ、ワコビアの3社が最終赤字に転落、主要8社のサブプライム問題絡みの損失額は計488億ドル(約5兆円)、累計1281億ドル(約13兆2000億円)に達した。

市場では「損失額は想定の範囲内」として、株価が急伸したものの、金融正常化への歩みは緒に就いたばかり。

不安解消には程遠い状態が続いている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000008-maip-bus_all


日本経済への影響も・・・・

いつになったら、安心して暮らせる日が来るのでしょう。


サブプライム問題 影響

市場の不安一掃には力不足

【ワシントン坂井隆之】
先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)の共同声明は、米低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題を背景にした金融危機の早期収拾に向けた強い意志を示した。ただ、金融機関への公的資金投入には言及せず、市場安定化策も即効性には疑問が残り、市場の不安を一掃するには力不足は否めない。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080412-00000031-mai-bus_all

いつになったら、世界経済は安定するのでしょうか。

そして、我々の生活は・・・

サブプライム問題 影響

企業の業況判断、大幅に悪化…日銀短観

日本銀行は1日、企業から見た景気動向を示す3月の企業短期経済観測調査(3月短観)を発表した。

 円高・株安の進行や米経済の減速、原材料価格の高騰などの影響で、企業の景況感を示す業況判断指数(DI)は各業種で軒並み大幅に悪化した。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080401-00000016-yom-bus_all



本当にいろんなところで影響を受けていますね。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。