ブログアフィリエイトで日給8万円
ラクラクゴロ合わせ・最強のマインドセットコース

サブプライム問題 影響

恐るべし! サブプライム・ショックの余波


今年に入っても、留まるところを知らないサブプライムローン問題の余波。

アメリカで、モノライン絡みの金融不安が広がる一方、国内企業にも、深刻な影響が及んでいます。

その恐るべき実態を探ってみると……


http://feeds.feedburner.jp/~r/allabout/all/~3/1380490/index.htm


私たちの生活にも影響が・・・

サブプライム問題 影響

サブプライム損失、8000億ドルに急拡大…IMF試算

【ワシントン=矢田俊彦】

国際通貨基金(IMF)は、低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」問題の損失が銀行のほか、保険会社やヘッジファンドを含めて世界全体で8000億ドル(約78兆円)に拡大するとの試算をまとめた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080318-00000029-yom-bus_all


世界経済は、回復するのでしょうか?

サブプライム問題 影響

<円高>依然強いドル売り圧力 90円台後半が当面の上値?

 13日の外国為替市場ではドル安進行を受けて、円相場が約12年5カ月ぶりに1ドル=100円を突破したが、依然として市場のドル売り圧力は強い。

米景気悪化が長期化すればドル相場の反転は当面見込めず、円高に歯止めがかからないとの指摘もあり、エコノミストの間では「1ドル=90円台後半が当面の上値になるだろう」と、3月末に向けて一段の円高・ドル安を予測する声が広がっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080313-00000145-mai-brf

このサブプライム問題は、すごい影響力ですね。

サブプライム問題 影響

サブプライム損失、地銀など350億円超


米低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」関連の地方銀行、第二地方銀行の損失が、2008年3月期に総額で350億円を超す見通しであることが21日、読売新聞の調べでわかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080221-00000067-yom-bus_all

いろんなところで、影響を受けていますね。

サブプライム問題 影響

サブプライム 資本市場への影響、及び問題の本質


サブプライム問題の背景として論じられる幾つかの要素は、必ずしも本現象の直接的な要因とは言えないものもある。例えば変動金利型ローンは、銀行等の住宅ローン債権者にとって元来管理が難しかった金利変動リスクを、デュレーション(債権キャッシュフローの平均回収期間)の短期化を通じてより効率的に管理する有効なツールであり、サブプライムビジネス固有の金融商品ではない。 また、サブプライム層に対する融資も、(強制的な貸付け等、一部に指摘されている様な倫理的に問題のあるケースを除き)借り手の信用力がローン金利の高低等によって適切に調整・吸収されている限りは問題ない。問題となるのは、あくまで債権者側が従来見積もっていた様な債務不履行確率(及びそれに基づく貸付金利の設定)以上に実際の債務不履行事象が発生する等の場合であり、また、その様なアウトライヤーイベント(想定外の事象)の発生するリスクはサブプライムローンに限らず、より信用力の高い貸し手に対するローンビジネス、或いは金融以外の様々な経済取引においても同様に起こり得ることである。

ベアースターンズやBNPパリバ等のヘッジファンドのニュースにしても、本質的には一部の金融機関が一部の金融取引でのアウトライヤーイベントの発生によって想定外の損失を被った、ということでしかない。ただし、2007年7月から同年8月にかけて、サブプライム問題を材料に世界中で株価の急落や信用市場の混乱、果てはFRBによる公定歩合の緊急引き下げといった事態にまで発展した最大の要因は、幾層もの証券化を通じて住宅ローン債権の本来のリスク特性が見えなくなっていた中で、市場参加者の多くがパニック的に極端なリスク回避行動に出たことにあると言える(2007年現在進行中の事象であり、解釈には注意が必要)。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。